タイミングを誤らないキッチンリフォーム

キッチンリフォームでまず検討すべきこととは

リフォームはいつ行うべきか

キッチンには4種類の型が存在

キッチンにはコンロやシンク、調理スペースの位置が異なるなどで主に4種類型があります。
それぞれの特性を把握しどれが自分たちに合っているか考えるところから始めたいですね。

安価且つ狭い場所でも設置が出来るI型は根強い人気を誇っています。
その名の通りコンロやシンク、調理スペース全てを1列に配置。
横長なので移動時間が増え作業効率が落ちるのがネックです。

II型は1列ではなく2列に配置したもの。
前と後ろに配置する為、I型に比べて移動時間が短く2人での作業もしやすいです。

L型とU型は文字通りL字とU字型に配置したもの。
どちらも調理スペースが広く取れ、後者は向きを変えるだけで様々な作業を行うことが出来ます。
また移動時間も短いですが角部分がデッドスペースになりやすいという欠点があります。

キッチンのレイアウト方法

キッチンの配置方法には主に3種類あります。

リビングやダイニングから完全に独立しているクローズドタイプ。
キッチンが離れている為、調理時のにおいや煙などがリビング、ダイニングに広がることが無く、料理や片付けに専念出来ます。
しかしながら配膳や片付けの際の動線が遠くなってしまうという面も持っています。

オープンタイプはリビングやダイニングと一体化しているキッチン。
クローズドタイプとは対称的で動線が近くなる反面、においや煙が広がってしまいます。
また、キッチンが丸見えになるので見せ方に工夫が必要。

上記2つの利点を上手く兼ね備えたのがセミオープンタイプ。
カウンターでキッチンとリビング、ダイニングを仕切ってしまうものです。
においや煙は避けられませんがある程度の開放感を保ちつつキッチンを丸見えになるのは防げます。


この記事をシェアする