タイミングを誤らないキッチンリフォーム

キッチンリフォームでまず検討すべきこととは

選ぶのは貴方自身

業者選びは慎重に

リフォーム後の出来は業者選びの段階で決まってしまうと言っても過言ではありません。
当然良い業者にお願いすれば良いものが出来ますし逆の場合は良くないものが出来ますね。

リフォーム会社には大手のリフォーム会社から特定の専門分野に特化した会社、小さな工務店などがあります。
ではどこに頼むのが良いか。

大手だと知名度も高く実績もあるので安心感はありますがその分費用は高額です。
小規模なところだと技量も実績も計り知れない部分があるので不安は伴いますが良い業者に当たれば比較的安価で済みます。

品質やデザインにこだわりがある、アフターサービスの充実さなど会社によって強みも異なりますから自身の考えに近い会社を選びましょう。

そして何より重要なのが担当者の対応。
相見積を行うことで金額やプランの比較だけでなく担当者の人柄なども出来るのでリフォームを検討する際は必ず2社以上から見積もりをもらうようにしましょう。

避けた方が良い業者

新規開拓するよりもという考えから新築時にお世話になった業者に頼んでしまいがちですがそれはなるべく避けましょう。
その業者が新築を主体としている場合キッチンの仕入れ値が高くなってしまいどうしてもリフォーム費用も割高となってしまいます。
しかし新築時の対応が良かったからもう一度お願いしたいという方は値段にさえ目を瞑ればそれはそれで有りです。

大手のリフォーム会社は大型のリフォームを行うことが多いのでキッチンリフォームなどの小規模なリフォームだと下請けや孫請けが実際には施工を行うので求めていたクオリティとは程遠い完成度になる恐れもあります。
リフォームが出来なくはないですがあまり良い選択とは言えません。

他にも近所の人に勧められた、近所にあるからなど安易な理由で業者を決めてしまうのも考え物です。
ある程度下調べをした上で判断しましょう。


この記事をシェアする